生き物を育てながら借金返すブログ!お金をかけない

生き物を育てながら借金返すブログ!お金をかけない

借金ブログを沢山見て感じたことがあります。それはブログをする人はかなり優秀な人が多いって事です。

 

 

 

借金を出来る人は一時的な失敗なだけで、トータルを見れば成功をしている人が多いような印象を受けるのですが、
実際のところどうなんだろうな。

 

 

 

二十代後半、非正規雇用で働いている私が行っていたことはメダカの飼育です。

 

 

 

もともと動植物には興味があったので幼い頃から、それらには触れながら育ってきました。

 

 

 

祖父が小さな庭を手入れし、祖母が小さな野花を小瓶に入れて家に飾っているといった中で育ってきたからでしょう、今では植物を栽培・管理する職に就いています。

 

 

 

どんな職場でも大小問わずストレスはあることと思います。

 

 

 

家庭内に置いても私は実際にストレスを感じていますし、これはきっと生きていく上では完全に躱すことのできないものだと思っています。ですが、ストレスは溜めてばかりでは自分自身を蝕むことを許すことになります。

 

 

過去に重い自律神経失調症を患っていた私は以後、ストレスとはなるべくうまく付き合っていけるようにしようと決意しました。そこで植物を世話すること、動物と触れ合うことは大切なツールとなっていました。

 

 

 

 

小学生の頃に祭りの出店で釣った金魚は約十年ほど私を癒してくれました。フナのような赤い金魚から、丸々としたお腹が特徴的な金魚、黒い出目金、スラーッとした細長いながらも尾びれがきれいな金魚と様々な金魚がいたのですが、病気が蔓延し、すべて死んでしまいました。

 

 

 

その後、水槽は処分しようかということになりましたが、何か飼いたいと思っていた私は職場の人がメダカを飼っていることを知り、メダカを飼おうと決意しました。うまくいけば卵を産ませられるし、それから子孫が殖やせて、メダカ一族が築けるのではないかとワクワクしていました。

 

 

 

インターネットから知識を得ながら、メダカを飼い始めて2年目にはしっかり卵を確認することができ、また、孵化も確認できました。生まれた小さなメダカの赤ん坊たちは初めの方こそ、すぐに死んでしまったのですが、

 

 

 

今では一度に生まれた卵の半分以上を稚魚にまで育てることができるようになりました。殖えていくメダカは一部、近所の方に里子に出したりしています。

 

 

 

今年もより多くの卵を孵化させ、立派なメダカに育てようと思っています。